So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
映画【2005】 ブログトップ

2005年総括【映画編】 [映画【2005】]

今年は、自己新記録!!約36本の映画を劇場で観ました。
『約』というのは・・・いつ、何を見たのかちゃんと覚えていないから・・・
まぁ、そんな理由で、ブログを書き始めたんですけど。
一応、インターネットと私の記憶をたどって、リストアップするとこんな感じ。
いつ観たかまでは、わからないので、公開月で整理!

2004年12月公開(今年見たのかあやしいけど・・・)
 僕の彼女を紹介します
 銀のエンゼル
2005年1月公開
 オーシャンズ12
2月公開
 アレキサンダー
 MAKOTO
3月公開
 ローレライ
 バンジージャンプする
4月公開
 名探偵コナン「水平線上の陰謀」
 阿修羅城の瞳
 マスク2
 海を飛ぶ夢
5月公開
 機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-
 交渉人 真下正義
 いらっしゃいませ、患者さま。
6月公開
 戦国自衛隊1549
 宇宙戦争
7月公開
 逆境ナイン
 ヒトラー ~最期の12日間~
 HINOKIO
 星になった少年 Shining Boy and Little Randy
 亡国のイージス
8月公開
 容疑者 室井慎次
9月公開
 忍─SHINOBI
 8月のクリスマス
 サマー・タイムマシン・ブルース
10月公開
 ステルス
 私の頭の中の消しゴム
 機動戦士ZガンダムII 恋人たち
 春の雪
11月公開
 ALWAYS 三丁目の夕日
 TAKESHIS'
 カーテンコール
 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
12月公開
 Mr.&Mrs.スミス
 SAYURI
 ロードオブウォー

ブログを書き始めたのは『春の雪』以降なのでほとんど感想の記録がないので、
以下でそれぞれ思い出しながら一言コメント。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

映画『ロード・オブ・ウォー』 [映画【2005】]

『ロード・オブ・ウォー』を観てきました。

久しぶりに、ちょっと重めの映画を観てきました。

おそらく、今年最後の、映画館で観る映画になると思うのですが、
最後の締めくくりが重い映画でよいのか・・・とも思いつつ、
数ヶ月前に映画館で予告編を観たときからちょっと気になっていたので
観ちゃいました。

蟻銀 さんが書いているように、

Lord of War (2005) USA
普通の人に思えるユーリが、実はえらい感覚が麻痺した奴やったとわかる頃に、この作品の主軸がみえるような気がします。逆にユーリの弟は、ドラッグ漬けになってしまってどうしようもなくみえるのに、実は彼のほうが正常だったのかなとも思えたり。



そんな感じを受けました。
おそらく、監督もそれを表現したかったのだろうと思います。

よく、大国の政府は、裏で諜報機関を使って、暗殺や戦争や暴動の扇動などをしているといわれますが、そのような裏社会も描写しています。

日本は今も、これからも、そういう国でないことを願います。。。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

映画『私の頭の中の消しゴム』(2回目) [映画【2005】]

『私の頭の中の消しゴム』を観てきました。

えー、多くの人がそうであるように、私も、一度映画館で観た映画を再び映画館で観賞することは、めったにないのですが、今回は、諸般の理由があり、2回目の『私の頭の中の消しゴム』です。

とはいっても、1度目はブログを始める前に観たので、ブログ上は、1度目ですが・・・。

やっぱり、泣いてしまいました。(1度目よりは少なかったですが)

この映画は、ある意味観客いじめです。そこまで観客を泣かせて楽しいのか??
と言いたくなります。

ちなみに、1度目のときの感想を思い出しながら書くとこんな感じ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・
まず、映画を観ている最中は、純粋ラブストーリーとして観て、号泣です。
映画を観終わった後、
私の祖母もアルツハイマーで、いろいろと考えさせられてしまいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、今回の2回目。
バッティングセンターで、離婚する・しないの話をするシーンは、
台詞の内容も大体覚えていて、先読みできたので(そりゃ、2回目なので)、
周りの人を同じタイミングでは泣けず・・。でも、そのシーンの最後のほうでは、ポロリ。

で、一度ポロリがくると、面白い現象が・・・
先ほどのシーンでは、『先読みできた』ために、泣けなかったのに、その後のシーンでは、実際の映画よりも私の頭の中に次のシーンと映像が浮かんできて、かなりフライング気味に涙が・・・・・

人間の感情や、大脳って、おもしろいなぁと、『自分』を実験台にしてつくづく感じました。


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

映画『SAYURI』 [映画【2005】]

『SAYURI』を観てきました。

いやぁー、すばらしい。
芸術作品としてかなりの完成度だなぁと感じました。

まず、綺麗。
『Dolls』や『LOVERS』は背景・風景が綺麗でしたが、
『SAYURI』は、人物が綺麗。。。美しいです。

演技。
大後寿々花ちゃんの演技は必見です。
もちろん、チャン・ツィイーもミシェル・ヨーも、渡辺謙も、役所広司も、桃井かおりも期待通りのすばらしい演技です。
(個人的には、あまり、工藤夕貴の演技には期待していなかったのですが、僕の予想を裏切り、びっくり(@o@)のすばらしい演技でした。)

物語
予習をあまりしないで見に行ったので、時代背景がはじめわからなかったのですが、随所随所に埋め込まれたラジオで徐々にわかり、後に、その時代背景が大きくこの物語を左右します。
意外な展開が多く、見入ってしまいました。

ハリーポッターがそうであったように、本を読むとこの物語がさらに面白く感じられそうです。

さゆり〈上〉

さゆり〈上〉

  • 作者: アーサー ゴールデン
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 文庫

さゆり 下 文春文庫 コ 16-2

さゆり 下 文春文庫 コ 16-2

  • 作者: アーサー ゴールデン
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 文庫


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(43) 
共通テーマ:映画

映画『Mr.& Mrs.スミス』 [映画【2005】]

『Mr.& Mrs.スミス』を観てきました。

久しぶりのアメリカ映画(世間一般には、ハリウッド映画というのかな(^^;)でした。
(『宇宙戦争』以来かな。)

アメリカ映画らしく、派手にドンパチやってくれました。

この映画の宣伝文句に、『史上最悪の夫婦喧嘩』って沢山あったと思うけど、
映画全体を観て、その言葉の意味に、改めて納得しました。

二人の主戦場は、自宅なのですから・・・。なんだかんだいって仲直りするし。

ラスト以外は(あの状況で生き残れるとは思えない・・・)ストーリーもしっかりしていて最後まで楽しく観ました!!。

ブラッドピットもいい感じ。ちなみに、私が今まで観た映画の中で、一番すきなのが、ブラピ主演の『セブン・イヤーズ・イン・チベット』です。

セブン・イヤーズ・イン・チベット〈ニューマスター版〉

セブン・イヤーズ・イン・チベット〈ニューマスター版〉

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/11/25
  • メディア: DVD

来週は、『SAYURI』を観にいくぞぉ!!!


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』 [映画【2005】]

『ハリーポッターと炎のゴブレット』を観てきました。

前作までは、先に本を読んでから、映画を見に行きましたが、
今回は、本を読んでいる途中で映画を見に行きました。

今、本の上巻を3分の1程度読んでいるところです。
なので、単純計算だと、6分の1ですが、
映画だと、いろいろとたくさんの細かいストーリーや描写がすっとんで、
約10分程度で、僕がまだ知らないストーリーに突入してしまいました。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)

  • 作者: J. K. ローリング, J. K. Rowling
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2002/10/23
  • メディア: 単行本


今作は、ハリーが泣いてしまうシーンで、つられてないちゃいそうになってしまいました。

たしか、前作までは、そのように泣きそうになるようなシーンはなかったと思うのですが・・・。

普通の映画は、やはり、2時間3時間あると、途中の10~20分程度別なことを考えてしまうものなんですけど、さすが、『ハリーポッター』。あのストーリー展開はすばらしいですね。最初から最後までスクリーンに目が釘付けでした。
(でも、途中でこの魔法の世界を映画で表現するのに、どれだけお金をかけたのだろう・・・と、かなり現実的なことをふと考えてしまった自分がちょっと悲しい(^^: )

このあと、映画では表現できなかった細かい描写を本で確認して、再感動しようと思います。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 [映画【2005】]

『ALWAYS 三丁目の夕日』を観てきました。

キャストの配役が全員ぴったりという感じでした。

『野ブタ。をプロデュース』に出演中の、 堀北真希さんの演技もすばらしかったです。
そういえば、以前観た『逆境ナイン』にも真希さん出演していましたね。
今後、彼女が出演するドラマ・映画に注目です。
『ラスト サムライ』で、すばらしい演技をするなぁと思った小雪さんも、きれいで、いい演技をしていました。

人にハマルといえば、ドラマ『TRICK2』で仲間由紀恵さんにハマリ、ドラマ『ごくせん2』、を観ました。そして、仲間さんつながりで映画『SHINOBI』を観て、沢尻エリカさんにはまり、今は、ドラマ『1リットルの涙』を観て毎回涙しています。

さて、ALWAYS 三丁目の夕日の話に戻して、やっぱり、最後は3人が一緒に生活をする終わり方にしてほしかったなぁと思いました。
でも、あえて、そこにアクセントをつけたのだとは思いますけど。。。

評判どおり、途中、泣いてしまいましたが、『泣き度』では、『私の頭の中の消しゴム』の勝ちですね。

ラスト サムライ

ラスト サムライ

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2005/11/18
  • メディア: DVD



野ブタ。をプロデュース

野ブタ。をプロデュース

  • 作者: 白岩 玄
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2004/11/20
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

映画『TAKESHIS'』 [映画【2005】]

『TAKESHIS'』を観てきました。
映画館で北野武作品を見るのは、2回目。

前回は、Dolls

Dolls [ドールズ]

を観ました。
DollsもTKESHISも、難しい・・・
うーん、難解です。北野武の夢にでてきた映像をそのまま映画にした感じがします。
難解な理由のひとつに、台詞が少ないのもあるでしょう。
特に、今回の作品は台詞が少ないです。
脚本を一度見てみたいものです。あの映像をどのように脚本で表現しているのか?
映像の点と点をどのような文章で結び付けているのか???不思議です。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

映画『カーテンコール』 [映画【2005】]

『カーテンコール』を観てきました。

鶴田真由さんの演技はすばらしい。嬉し涙を表現できるだなんて・・・
さすが女優さんって感じです。

以前『ぽっぷこ~んシネマ』
で安田顕さんがこの映画をべた褒めしていましたけど、残念ながら、僕にはそれほどのよさが伝わってきませんでした。

まぁ、人の感性はそれぞれですから・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画『春の雪』 [映画【2005】]

映画『春の雪』





を観てきました。

竹内結子さん、きれいだったです。

この映画を観て、男って、やっぱり、バカだなぁと思いました。

バカな男だなと思いながら観ていても、彼の気持ちを理解できてしまう自分・・・

逆に、女性は、聡子の気持ちを理解できるのでしょうか??


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画【2005】 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。