So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

映画『手紙』 [映画【2006】]

『手紙』を観ました。


手紙

手紙

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 文庫


今年の劇場観賞36本目の作品。

36本。これで、去年の観賞記録に並びました。


(;_;)

この映画を観て、泣かない人、変です。

山田孝之さん、沢尻エリカさんのTV版『タイヨウのうた』コンビです。

劇中の山田孝之さんの漫才が面白く、普通に笑えます。

笑って、泣けるこの映画・・・・・

やばい、思い出してたら、泣きそうになってきた・・・

劇中に、ストーリーの波が2つ、3つあり、一度に2本、3本の映画を観た気にさせます。

おそらく、2度目、3度目観ても泣いちゃうでしょう。

杉浦さん演じる会長、最高です。

『バッチギ』での在日朝鮮人役、『1リットルの涙』、『タイヨウのうた』の難病役、『SHINOBI』での透き通った忍者、『シュガースパイス 風味絶佳』での女子大生役、『天使の卵』では女子大生、学校の先生役。

本作品では、専門学校生(昼の顔と夜の顔)、母親役まで演じちゃってます。すごい!!

まだ見てない人、是非、観てください。おすすめです!!


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

けん

自分も見てきました。
とてもイイ映画でした。
なんというか、胸がグググッっと締め付けられるような気持ちで展開に見入ってしまう感じでしたね。
すごい骨太な映画でした。
by けん (2006-11-04 17:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。